流行調査blog

今の話題を探していきます

家の頑固な汚れのお掃除にはスチームクリーナーが便利

フローリングの汚れはワックスの塗り替えでキレイになり汚れも目立たなくなるのですが、塗り替えの時間も無い面倒だと言う方にはスチームクリーナーがオススメです。

スチームクリーナーの種類も3点あり本体床置きタイプ、モップの様に使うポータブルタイプ、持ち運び便利なハンデータイプ、使用用途は異なりますが基本はスチームクリーナーと言うことです。

f:id:mirakuru026654:20210218102822j:plain

 

家の頑固な汚れのお掃除にはスチームクリーナーが便利

 

スチームクリーナーてなに?

スチームクリーナーは頑固な汚れも蒸気の力で簡単に取り除く便利なお掃除アイテムです。キッチンやお風呂、フローリングの汚れ、自動車の室内掃除、ホイルの汚れにも愛用されています。

 

スチームクリーナーの用途

室内
  • お風呂の天井・壁・床・窓(レール)・浴室入り口ドア・浴槽など
  • 台所(シンク)・壁・食器棚など
  • 部屋の壁紙・フローリング・畳・蛍光灯傘・室内側窓ガラスなど
屋外
  • 屋外側の窓
  • 玄関ドア
  • 自動車室内掃除・タイヤホイルなど

 

スチームクリーナーのメリット・デメリット

メリット

  • 頑固な油汚れの除去(蒸気の熱で油分を浮かせて除去します)
  • 除菌と防カビ効果(菌やカビを蒸気の熱で除去し死滅させます)
  • 消臭効果(蒸気の熱で消臭も行います)
  • お掃除の時の負担(汚れが簡単に取れるのでイライラ感がありません)

デメリット

  • 置く場所が必要(掃除機と同じ大きさなので収納スペースが必要)
  • スチームクリーナー購入費用(タイプで5000円~30000円必要)
  • ヤケド(クリーナー内部は最高100℃になるので)
  • お手入れ(タンクに水を入れるため水垢が溜まりやすい)

フローリングをスチームクリーナーでお掃除した結果

f:id:mirakuru026654:20210218200746j:plain

汚れ取れぐらい

f:id:mirakuru026654:20210218200943j:plain

 かなりの汚れの取れ具合です。

スチームクリーナーの種類3点

①ハンデータイプ(コンパクトタイプ)

特徴

持ち運び便利

軽い

狭いところも使いやすい

置き場に困らない

タンク容量が少ない

 

f:id:mirakuru026654:20210218124224j:plain

 

②キャスター付きタイプ

特徴

大きい

タンク容量大きいので長時間作業向き

片手で作業可能

置き場に困る

狭いところは苦手

ノズルを交換で高いところを掃除ができる

f:id:mirakuru026654:20210218124705j:plain

③モップタイプ

特徴

腰の負担が少ない

モップタイプで押しやすい

片付け省スペースが大丈夫

少し持ち上げが大変

高さのある所は出来ない

f:id:mirakuru026654:20210218125223j:plain

 

タイプ3点で人気は?

ハンデータイプ(コンパクトタイプ)が1番の人気です。

その中でも価格帯を見るとAmazonのアイリスオオヤマブランドが1番人気です

 価格と仕様の確認はこちらから↓

https://amzn.to/3ubBcrY

皆さんのコメント

1人の方の評価

 

【使いやすさ】
早いし、そこそこ使いやすい

【静音性】
至って静か
スチームを吐く音はそれなりにするが、ウルサイとは思わない

【サイズ】
自在ホースが長い分それなりに大きいが全体を見るとコンパクト

【手入れのしやすさ】
全く中を掃除出来る気がしない

【取り回し】
自在ホースが硬い
しかも使ってると熱くなる

 

 

 

2人目の方の評価

【総評】
吐出量も少ないし連続で作業するのは不向き
洗剤を使ったり、吹いた所を都度タオルで清浄していると結構綺麗になるので文句なし
特に加湿器のカルシウムも取れるし買って良かった
今まで買わなかった事が失敗
意外とオススメ

【デザイン】似たようなデザインが多い中、グレーと白の組み合わせが気に入りました。

【使いやすさ】同社のホース無しタイプも使っていますが、重くて疲れるのでこれの方が活躍しています。一つ改良をお願いできるとしたら、取っ手とノズルの角度がもう少し折れているともっとピンポイントで掃除しやすいと思います。

【吸引力・パワー】以前にドイツの掃除機型のものを使っていましたが、ホースが長すぎて途中で圧力が低下するようで、パワー感は変わりません。タンクの容量の差があるので連続使用ではかなわないと思いますが、私の用途では全く遜色ありません。

【静音性】スチームが出る音だけです。

【サイズ】掃除機型の1/3くらいのスペースで済むのでシンク横に置いています。

【手入れのしやすさ】軽いので残った水を捨てやすいのが意外と良かった所です。

【取り回し】ホースの長さが丁度良く、本体を置いたままでも、ノズルと両方持ってでも作業しやすいです。

【総評】掃除機型のタンクの蓋から蒸気が漏れるようになり、パッキンを替えても治らず、蓋のみ8,000円で購入するかどうか迷いましたが、その予算でハンディータイプを2台購入して大正解でした。

 

2位はキャスタ付きタイプです。

価格コムランキングでケルヒャーのモデルが人気です。

 価格と仕様の確認はこちらから↓

https://amzn.to/3ujr7to

皆さんのコメント

【デザイン】
ケルヒャーらしい

【使いやすさ】
最初に欲張ってぎりぎりまで水を入れようとしないこと。
水の追加や使用後はスチームを使い切るとわりと早く安全弁が開けられる。
これを押さえておけばストレスはないかと思います。

床掃除はコツ要らず
ガスレンジ周りに別売り真鍮ノズルを使うと一気に綺麗になります。焼き色の付いた耐熱ガラスの天板や、魚焼きの内部に効果てきめんです。但し塗装面を作業するときは様子を見ながらやりましょう。

【吸引力・パワー】
強弱切り替えがあるので十分。

【静音性】
想定範囲内。

【サイズ】
ホースを含めると結構場所をくいます。本体は仕方ないのでホーズを綺麗に収納できる工夫が欲しかったかも。

【手入れのしやすさ】
ほぼ不要

【取り回し】
ホースの長さが十分にある為悪くない。

【総評】
高温スチームで油汚れがガンガン落ちますが、すぐに拭き取らないと当然ながらすぐにまた固着します。高圧洗浄機のイメージでの洗浄は出来ません。長年使い込んだキッチン用換気扇が好例です。あらかじめ要らないタオルを多めに用意しておきましょう。
あと真鍮ノズルは標準装備で良いと思います。

 番外

価格コムでは6位になるのですがモップタイプが選ばれてます

使い勝手と価格の問題でしょう

価格と仕様の確認はこちらから↓ 

https://amzn.to/37oEAWU

 

皆さんのコメント

性能的には全く問題ないのですが 重すぎて悲しんでいます
壊れる前はブラック&デッカーFSM1210を約7年使用していました
次の機種を探す時に重さなんて全く考慮せず スチームのパワーばかり気にしてました
FSM1210が3.1kg S3974Jが4.1kg この1kgの差がとんでもないことになるとは
今 S3974Jでフローリングにスチームするだけで右腕が軽い筋トレ状態になっています
S3974Jをこのまま使い続けるか 新しい機種を探すか悩んでいます

 

まとめ

価格と使い勝手と言う点ではコンパクトなハンデータイプがダントツ人気では無いでしょうか?長時間使用から行くとタンク容量と片手が使えるという点からキャスター付きになるでしょう。モップタイプは体にやさしい毎日のお手軽クリーナーてとこかも知れないですね。個人的には使用してみてハンデータイプが運びやすくアイリスオオヤマはロングノズルも付いてるのでフローリングや天井のお掃除の腰の負担が無く価格も3500円前後とお手軽なのでおススメです。

 

スチームクリーナー用洗剤と備品

 

タンクに入れて効果が倍増です

スチームクリーナーと併用するとお掃除「楽々」「ピカピカ」 すすぎ不要・多目的洗剤 濃縮スチームマジック

 

 隙間掃除に便利です

 アイリスオーヤマ スチームクリーナー すきまブラシ3個セット STMP-022

 

アイリスオオヤマスチームクリーナーノズルカバー交換用です。汚れがヒドイときは都度交換必要です。

アイリスオーヤマ スチームクリーナー パーツ 布ノズルカバー STMP-N

 

PR:家のことならプロにお任せ(引く越し、お掃除、エアコン掃除など)